人気ブログランキング |

特別養護老人ホーム「らくえん」・らくえん倶楽部のスタッフが日々の出来事を綴ります

by rakuen1294

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月の終わりに

とうとう10月も今日で終わりですね。
段々と寒くなってきて、朝夕は上着が欲しくなる時期となりました。
明日からは11月に入りますが、11月といえば中央市では、毎年11月3日に稲穂まつりが行われますね。
以前、グループホームで入所者様と職員が稲穂まつりに行ってきたという話を楽しそうにされていたことがありましたが、今年も参加されるのでしょうか?後で聞いてみたいと思っています。

今年も早いもので、残り2ヶ月となりました。
らくえん倶楽部では、11月~12月にかけては昨日のブログでもご紹介した「秋の味覚フェアー」や忘年会、クリスマス会、餅つき大会といったイベントがたくさん行われる予定です。
これらの行事では、入所者の皆様に楽しんで頂けるような工夫を行っています。しかし、何かのイベントで楽しんで頂くだけではなく、日常生活の中で、ユニットケアならではの落ち着いた安らぎの空間を提供出来るように、これからも職員一同努力して行きたいと思っております。

(記:らくえん倶楽部生活相談)
by rakuen1294 | 2013-10-31 20:08
ブログをご覧の皆様こんにちは

今日は、らくえん倶楽部で毎年恒例行事として行っている「秋の味覚フェアー」についてご紹介します。

らくえん倶楽部では、毎年秋に特養とグループホームが合同で「秋の味覚フェア―」というイベントを行っています。イベントの内容としては、中庭で昼食バイキングを行うものなのですが、通常のバイキングとは一つだけ大きな違いがあります。

それは、職員が入所者様方のお食事を全て調理するところです!

このイベントは、「入所者様方に秋の味覚を楽しんで頂きたい!」という職員の思いから、平成21年度にスタートし、今年で5回目となります。
バイキングのメニューは、各ユニットで2~3品ずつ決めるのですが、栄養のバランスやいろどり、メニューが他のユニットと重ならないか等に気を配っています。イベント当日は、職員が朝から準備を始め、ユニット内にあるキッチンで調理を行います。これまでに、どのようなおかずがバイキングのテーブルに並べられたのかといいますと・・・
らくえん倶楽部での恒例行事について_e0191174_1905134.jpg

こちらの写真は一昨年(2011年)のものです。
このように、銀の大皿におかずを並べて入所者様にお好きなものをご自分で選んで召し上がって頂きました。もちろん、ご自分で取りに行けない方は職員がサポートしますので、安心してお好きなものを召し上がって頂けます。

らくえん倶楽部での恒例行事について_e0191174_1944164.jpg

これは、去年(2012年)のきのこ汁の写真です。まだ味を付ける前の段階ですね。
毎年職員は、どのようなメニューを出せば皆様に喜んで頂けるのか智恵を出し合って考えています。
らくえん倶楽部だけで行うイベントの中では一番力を入れている行事なので、今年も各ユニットでは力を入れて準備に取り掛かっています。

ちなみに、今年の秋の味覚フェア―は11月6日に行う予定です。
今年はどのような内容になるのか、とても楽しみです。
イベントの様子は、またブログでご紹介したいと思います!


(記:らくえん倶楽部生活相談)
by rakuen1294 | 2013-10-30 18:30 | らくえん倶楽部でのイベント
ブログをご覧頂いている皆様こんにちは
今日は、らくえん倶楽部のちょっとした思い出について触れてみたいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地域密着型施設として、「特養らくえん倶楽部」と「グループホームらくえん倶楽部」が開設したのは、平成20年6月16日のことでした。らくえん倶楽部は、特養とグループホームが併設されており、その当時の山梨県内では、とても珍しい施設だったようです。
らくえん倶楽部の入所対象者は「中央市内に1年以上住まわれている方」ということもあり、ご近所の方同士がお申込みをされるケースもあります。また、通常の広域型特養とは違い、地域密着型の特養ならではですが、入所者様同士で馴染みのある地名や昔話をされている場面も多く見られます。

そして、平成25年度に入り、らくえん倶楽部は開設してから5年が過ぎました。
私は開設当初からこちらの施設に在籍しているのですが、これまでの5年間を振り返ると様々なことを思い出しました。
入所者様やご家族様をはじめとする多くの人々との出会いや別れを何度も経験し、勉強もさせて頂きました。
時折、落ち込むことや悩んでしまうこともありましたが、そんな時にはいつも事務所から見える一本のもみじの木を見ていました。もみじと言えば、秋を代表する樹木の一つだと思いますが、春夏秋冬で様々な表情を見せてくれる感情豊かな樹木でもあります。
このもみじも、らくえん倶楽部が開設した時に一緒に中庭に植えられたものなのですが、5年経った今は、植えられた当初よりも随分と立派に生長しました。もみじは新芽がたくさん出てくる春や、青い葉で覆われている夏、赤く葉を色付かせる秋や、全ての葉を枯れ落とし、春に向けて力を蓄える冬・・・といったように、四季を通して飽きることの無い木だと私は思っています。
私は、大きな木ではないですが、ひっそりと中庭の入り口に立って四季を表現しているこのもみじが大好きで、毎年紅葉するのを楽しみにしてきました。

今回、このような思い出を振り返る記事を書こうと思ったのも、急に寒くなってきたからでしょうか?
今年は、赤く色付いた頃に写真を撮ろうかと思っています。良い写真が撮れたらこちらのブログでご紹介したいと思いますので、お楽しみに!

(記:らくえん倶楽部生活相談)
by rakuen1294 | 2013-10-28 21:28 | らくえん倶楽部の日常

誕生日プレゼント

皆さんこんにちは!
だんだん寒くなって朝起きて布団から出るのが辛くなりますね。
今回は、入所者様のお誕生日をお祝いしたことについてご紹介したいと思います。
ご本人様から「買い物に行きたい。」との意向をお話されていたので、職員と二人でお誕生日に買い物へ行ってきました。
誕生日プレゼント_e0191174_2032638.jpg

沢山服を買いました。
誕生日プレゼント_e0191174_20322325.jpg

職員手作りの壁飾りもプレゼントでもらいとても喜ばれていました。

(記:らくえん介護職員)
by rakuen1294 | 2013-10-26 17:58 | らくえんでの日常

四季を通して

ブログをご覧になっている皆様こんにちは。


秋が深まってきましたが、日中はまだまだ暑い日もありますね。
夜間との気温差もあり、風邪を引きやすい時期です。
体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

四季を通して_e0191174_8451856.jpg

添付した写真ですが、らくえん3Fから東側を撮った物です。
稲刈りもだいぶ進んだようですね。

私達は入所者様に四季を感じていただけるような援助を心がけていますが、施設内だけでそういった雰囲気を感じていただくのは難しいものです。
時間や人員の兼ね合いで、苑外に出ての散歩ができない事もありますが、廊下や居室から、こういった風景を見ていただくことによって、四季を感じていただけたらと思っています。

入所者様の中には、一生懸命お米を作っていた方もいらっしゃると思います。
人生の中で、大変だったけれども、充実していた時代を思い出していただけたら、職員としてこんなに嬉しいことはありません。
現在の穏やかな生活の中で、そういった思い出を噛みしめる時間を作って差し上げたいと思っています。

今回は稲刈りを例にあげましたが、私達は人生の先輩の援助をさせていただいています。
明治、大正、昭和と、この日本が大きく変化した時代を生き抜いてこられた先輩方の、心の機微に触れるような援助ができるように、職員一同頑張っていきたいと思います。

(記:らくえん介護職員)
by rakuen1294 | 2013-10-14 08:48 | らくえんでの日常